21/11/2014

衆議院解散をうけて

   本日、衆議院が解散された。年末の繁忙期に700億円の金をかけて国民の信を問うに足る大義名分はあるのか。政権の存続だけに汲々とする解散ではないか。  特にも被災地・岩手にあっては東日本大震災からの復興に全力を尽くすことこそが政治の責務であり、この時期に政治の空白を招くことに県民の理解は到底得られない。   消費税率引き上げについては、そもそも「景気条項」が盛り込まれており、…

活動日誌 2014年11月21日 14:05:26 | コメント(0) | トラックバック(0)

RSS